MED ROUTINE

実戦とデータとアフフな記録帖

(遅報)アドアーズの方向転換と、他系列について

メダルゲーム大手「アドアーズ」が思いきった舵切りをしてきましたね。

どうやら来年(2018年)の2月10日よりメダル貸し出し価格の大幅な値上げを敢行するようです。


f:id:almerr_n4:20171123175422j:plain

一部店舗ではさらに違う価格らしいですが、ホームではこんな感じ。

反射が酷いですね…(


1,100円600枚→1,000円300枚を筆頭にほぼ倍額の低価帯が目につきますが、クーポン廃止により高価帯も実質的には値上げ。
共同購入はもともとグレーゾーンなので置いといて、バースデーで倍増10万パックを購入していた層にはかなり大きなニュースなのではないでしょうか?

あたしだよッ!

11,000円6,300枚に最低の10%増でも6,930枚ですから、10,000円で7,000枚はほぼ横ばい。

現実的には50%や100%で高額貸出を利用するのがほとんどでしょうから、やはり実質的には値上げという形に。


数年前の1k=150~200枚の時より安いとは言え、値上げした分の還元…たとえば設定であったり、イベントに期待するのも酷な話で、行く末が心配です。

ただでさえ最近はVR事業に夢中っぽいというのに、そのタイミングでこの決定は「メダルゲームを見捨てるのか?」という疑念すらも。

いや……オリジナルマシン作って、つい最近も新台「アドニャーズ」を発表したばかりだというのに、それはないと信じたいけど……信じきれないのが悲しい所。


快適にシングルマシンを遊ぶ上でアドアーズはかなり重要な店舗なのは間違いないので、どうなっていくのか…。


他系列店にもシングルマシンが置いてある事は時々ありますが、従業員(店長クラスの人含め)が遊び方を全く知らないなんてこともザラですからね。

メダル詰まりを直してもらった後のテストでメダルを何枚か投入、そのメダルを消化するためにスタートボタンを押して、もう一度メダル投入しようとしても入らない。

それを見て「あー、フリーズしちゃいましたねー」とか言われてもねぇ……画面に「Hold and Draw」って出てるからねぇ……ドローポーカーだから、ドローしないとねぇ……(某W店)。

メダルゲームのことを知ってないと、例えば80betで回してる時の5120winで大騒ぎされても困るし、クレジットの1万を見て「大勝ちですね!」、いや3万枚入れてるんですけど……みたいな事も起きるわけで。

逆に10万枚とかロイヤル、プログレJPなどを当ててのCALL ATTENDANTも平然と「名前と暗証番号書いてください、はいあざっしたー」みたいに機械的対応されたらそれはそれで寂しいでしょ?(その方が良いって人も中にはいると思いますが)


その辺のさじ加減ってヒッジョーに難しいと思います。
アドアーズとかバイヨンはそこら辺をわかってるけど、他の系列だとそうは行かないのよね…。


アドアーズみたいに現場での工夫や努力は感じるけど上層部がイマイチファンの期待に応えきれないところ。

ウェアハウスみたいに取っ付きやすそうに見えてPOキツめなので意外と立ち回りがシビアなところ。

ネクスみたいに数値は派手だがその分他で割を食うので運が良ければ楽しいけど…なところ。

レジャランみたいにもう、なんかうん……レジャー施設の一部としてついでに営業してるだけなんだね、なところ。

ラウワンみたいに設定がーエッジがーって細かいところを気にしないライト層・ファミリー層を相手にしているところ。


いろいろあるけど、ひとえに「メダルゲームが置いてあるゲームセンター系列店」と言ってもかなり印象が違うんだなぁと思いました。
色々と遊んでみても個人的にはやはり盟主アドアーズが優秀かなぁと。メリハリ付けたいならベネクスでも。

そりゃあ、ラウンドワンやレジャーランドのような複合レジャー施設の一角に過ぎないメダルコーナーと同レベルの運営されちゃ困りますけど。

メダゲするならアドアーズだけど、アーケードは他の店選ぶかな。


なんというか、アドアーズだけは「メダルゲームに関する研修」みたいなのを受けてから現場で働いてるような気がするんですよね。

他の系列店と違って、遊び方すらも知らないスタッフって見たことないですし。


「ロイヤルフラッシュってなんですか?」みたいな店員さん、マジでいたんですよ……。




行った事ない店舗で最近気になるのはドラマ(藤沢店さん)とか、ゲームシアター(川越店さん)とか、やっぱりtwitterでJP速報とかイベント情報を定期的に流してくる店舗は目を引きますね。

シングルマシンでもsigmaの80betとか3桁betからの写真がよく出る店は「ああ、ハイベッターが常連になるなら少なくとも酷い店では無いんだな」って思います。
そこ、結構重要だと思うんですよね。

ハイベットプレイするのって、言わずもがな金かかるんですよ。
それこそ、パチンコや競馬やってた方がマシなくらい金使う事だってあるわけで。
自分含め、ブログ書くくらいシングルマシンに打ち込んでる人なら、結構な額を使ってるはずなんですよね。

でも、それくらい金掛けても良いって思えるからハイベットするわけで、それくらい金掛けても良いって思ってもらえる店舗だってことなんですよ。


メダルゲームは、お金を「賭ける」のではなく、「掛ける」んです。

ギャンブルなら、賭けたお金は返って来るかもしれませんよね。時には賭けた以上に。
でも、メダルゲームはどう転んでもお金が戻って来ることはありません。

メダルゲームが趣味ではない、よく知らない人からしたら「無駄な金」だと思います。やってる人でもそう思ってる人は結構います(笑)

でも、そんな「無駄な金」を「掛け」ても良いと思ってもらえるようなゲームだから、お店だから、そこにハイベッターが生まれるんですよ。

だからこそ、JP画像を配信することは「こんなJP出ました!」ということを伝えると同時に「ハイベッターさんに選んでもらった店舗です!」ということも伝えられるんですけどね。
それで別のハイベッターさんが来店して常連さんになっていくケースもあるんじゃないかなぁと。

バイヨンとかまさにその典型なんじゃないですかね?
WEBサイトが出来たのは割と最近のことという話ですが(新参者でスミマセン)。

バイヨンのシングルマシンで遊ぶ常連さんって、預け枚数が7桁あったりするのも常なんですよ。
平たく言えば100万枚です、ひゃくまんまい。

一般的な感覚で言えばそんな枚数どうするんだよって感じですがその気になれば一日でも負けられます。

まずね、1枚で1,000クレ入るメダルって何やねんと。
で、遊び方を見ればみんな平然と3桁ベットして万枚ダブル叩くんですよ。

そうすると当然勝ち負けの枚数も偉い事になるし、数十万枚負けて破産したりするんです。

でも、それでも不思議と「二度と来ねぇ!」とはならずに、また来るんですよね。
何故かって、またメダル借りるお金払っても良いかなって思えるからなんです。

そこの差というのが、スタッフの接客だったり、マシンのメンテナンスだったり、店内の環境だったり、そういう所なんですけどね…。

そういう裏の努力が見えると応援したくなるのが人の性。
居心地の良いゲーセンが存続する為なら、多少の出費も気にならなくなるもの(もちろん自分が落とした金で店が持ってるなんて考え方をしてはいけませんが)。


そういう考えがあるので、お気に入りの店で遊んでる時は自分もお店の一員と言うか、良い店の雰囲気作りに加担出来るように心掛けたいなとも思うし。
出来てるかどうかは別として


……なんかバイヨンageの記事になりつつあるけど、粗探ししても出てこないんだよなぁ。
自分が遊ぶ範囲においてはここがダメ!って所、無いんすよねぇ…せいぜい弐寺のボタンが硬いことくらい…(笑)